4k8k放送への切り替えと受信設備で必要なこと

東京五輪を翌年に控えた今、4K8Kテレビの話題が世間で溢れています。
4K8Kテレビは現在の地デジよりも高画質で綺麗で臨場感に優れた映像を見ることができます。
今の地デジからの切り替えを検討されている方も多いと思いますが、切り替えにあたって何をする必要があるのか?またそれにかかる費用は?は、非常に気になるところだと思います。
そこで今回、地デジから4K8Kテレビへの切り替えに必要なことと、その比較について整理したいと思います。

 

まず地デジから4K8Kテレビへの切り替えは、テレビの買い替えだけで大丈夫なの?
結論はダメです。
現在の地デジをどのような方法で視聴されているのか、によって必要な準備が大きく異なるので、簡単に整理します。

 

テレビアンテナ受信の方

現在、テレビアンテナ受信でテレビを見ている方は、アンテナ本体からテレビにつながるまでの各部品を全て交換する必要があります。これは受信する電波の周波数が今までと異なり、現在の部品の大部分がそれに対応できないことが原因です。交換が必要な部品はテレビアンテナ本体・ブースター・分配器・テレビ端子など多岐にわたります。
したがって、現在アンテナ方式で信号を受信されている方は多くの部品の交換が必要となります。さらに衛星から信号を受信するアンテナの方向調整も微調整が必要なため、個人で全ての交換をするのは比較的難しくなります。
そこで交換を依頼する業者によりますが、おおよそ5万円程度の部品交換費用が必要となります。
なお地デジ切り替えの際には、高額料金を請求する悪質業者も多発しましたので、その点に注意が必要です。

 

光回線を利用の方

現在ではテレビアンテナで信号を受信するのではなく、インターネットで利用する光回線を利用してテレビの信号を受信することができます。光テレビなどと呼ばれるものです。
これから需要が増える4K8Kテレビに対応するために、現在の光回線をそのまま利用し、4K8Kテレビを見られるサービスがフレッツ・テレビなどで徐々に始まっています。
この場合は4K8Kに対応したアダプターと呼ばれる部品の購入と光回線の契約内容の変更のみで済みます。
アダプター自体はテレビ1台につき約1万円で済み、自分で設置することが容易です。
専門業者に依頼することなく切り替えられることがメリットで、当然テレビアンテナ受信の場合と同じ番組を見ることができます。またこれから4K8K対応のサービスを展開する業者が増えることも期待できます。

 

4K8Kテレビの需要が増えている今、多くの業者が様々なサービスの拡充を展開しています。そして東京五輪を迎えるまで、更に多くのサービスが広がっていくものと予想されます。
テレビアンテナ受信方式をより安く請け負う業者も増えていきますし、光回線を利用したサービスの拡充も期待できます。
その中、豪雨・台風などの自然災害が多い現状、テレビアンテナ方式の場合には修繕など、心配になることが多いと思います。その一方、光回線は広く普及し、現在利用されている方も多いと思います。
これからさらにIoT技術の進歩が期待される今、現在のテレビの受信方式も含めて再検討する大変良い機会ではないでしょうか。